2010年12月28日火曜日

年末もクロロンは元気に活動中!

こんにちは。施設園芸事業部のひろせです。

クリスマスも終わり、街はすっかりお正月モードですが、

当社の授粉用クロマルハナバチ「クロロン」はクリスマスもお正月も関係なしに仕事をしています。


昨日は、京都のトマト生産者様のところで働くクロロンの様子を見に行ってきました。


最近急激に冷え込んできたので、ちょっと心配でしたが・・・





 




 元気に活動中!!!





せっせとトマトの花粉を集めています。


ちなみに働き蜂は全部メスなんです。

う~ん、女?メス?のパワーはすごい!!!


こんなに頑張って働くクロロンを見ると、私たちも頑張らないと!と思わされます。


来年も小泉製麻クロロンよろしくお願いします


皆様良いお年を!


施設園芸事業部・ひろせ

2010年12月6日月曜日

東お多福山植生管理

120周年記念事業の締めくくりとして、山のお手入れをしたい!という社員の発言があり、東お多福山草原保全・再生の為に有志で根笹かりに行ってきました。一般の市民の方も参加される体験ツアーに社員と社員の家族総勢28名が便乗させていただきました。
九時に六甲道に集合。マイクロバスに乗り込み、そのなかで、兵庫県立人と自然の博物館の橋本先生にお多福山の植生についてのレクチャーを受けます。








バスは芦有ドライブウェイを走り、東お多福山登山口まで。そこからは、チームに別れてひたすら晴天のなかを歩きます。


「幼稚園の子どもが遠足にくる」って言ってたのに結構えらいやん。とタートルネックを着てきた私は早くも後悔。
土樋割峠で今日使うはさみや、レーキなどを受け取り、登山道へ。みんな暑い暑いと言って、ダウンやジャケットを脱ぎ捨てていきます。

歩くこと30分弱。東お多福山の山頂に到着!








本来なら、関西空港や四国の山並みもみえるそうですが、お天気なのに曇って見えませんでした。(黄砂のせい?)

そしてそこから長~い階段をおり(ひょっとしてここを帰るときに登る???)作業場に到着です。


我が、小泉製麻グループはオレンジ班、ブルー班、黄色班にわかれて、普段から活動されている指導員のかた2人とそれぞれの持場を作業開始!







「ササがこんなに背が高いとは」「ちくちくして痛い!」とか言いながら、剪定バサミでササを刈って行きます。






以前に刈ってあったササが痛いんです。ひざもつけないし・・・・・



最初1人タタミ1畳分がマストって聞いて、楽勝!って思っていたのですが、全然進まないのです。結局タタミ半畳も作業をしたかどうか・・・








ササの中は行方不明になってしまいそうでしょう?


誰がどこにいるかわからない~。









1時間ほど作業をし、みんなあまりの成果のなさにがっくり! こういう植生管理ってほんとに多くの人の労力がいるんだなっとみんな実感しました。

刈ったササを集め、落ちた葉っぱを拾い集め、作業は終わりです。お疲れ様でした。来年私達が刈った場所にいろいろな植物が芽吹くといいなと思いました。



家族の方も参加していただき、小さいリーダーとしてがんばってもらいました。
帰りは、さっき下ってきたなが~い坂を登ります。あ、あしがあがらない・・・若いものにはついていけない!



その坂を登ると後は下り。(ホッと)足取りも軽くなってきました。











一緒に作業をしたことで、チームで変な連帯感がうまれました。明日からはチーム制で仕事する???



最初の登山口まで降り、バスでお昼ごはんに。六甲ガーデンテラスでの食事です。足がふらふら、お腹もペコペコ。六甲枝垂れランチをおいしくいただきました。
















とってもしんどかったけど、社員のみんなと一緒に作業をし、なんか楽しかった?とても充実したいい時間を過ごすことができました。

この機会をセットしてくださった皆様に感謝です。ありがとうございました。そして、わたしたち小泉製麻を120年前からみまもってくれてた六甲山系に少しでも恩返しができたのではと思います。



ちなみに、本日、みんな筋肉痛です。

2010年12月1日水曜日

夏は終わりましたがトマトです







ちょっと前のことですが、菜園の時にお世話になってました先生の農場にお伺いしました。トマトを専門に作られているそうです。当日は、急に大粒の雨が降り、「冬」ってかんじでしたが、ハウスの中は暖かく汗ばむほどでした。






今年は、急に寒くなったので、トマトの生育も遅れているとか・・・

まだまだ青いトマトです。

雨があがるとハウスの中は光がさしこんで、とってもいい感じ。












ミニトマトはすこしずつ色づいていました。ここのトマトがサザンモール六甲にあるベジフルカフェ「百菜」のトマト鍋になるとか・・・早く食べたいよ!















トマトについていろいろ勉強させてもらいました。

ここで、我社の秘密兵器『クロロン』が飛んでくれるとうれしいな。





*「クロロン」はトマトなど作物の授粉を助けるクロマルハナバチというハチです。詳しくは8月27日の記事を参照してください。



この日は弊社の新商品の「ローラーフック」を紹介させてもらいました。










「ローラーフック」はイスラエル生まれのトマトの誘引具です。

イスラエルのPASCAL社というところから輸入して販売しています。







トマトの誘引??









なんでこういうものを使うのかといいますと、トマトはそのままだと真っ直ぐに育たないので、



このローラーフックのヒモを使って、トマトの茎を支えてまっすぐ立つようにするためです。






他には、いぼ竹なんかを使っておられる方もいますよ。







この「ローラーフック」のいいところは、1、横滑りしない!!!







上の写真のように、ワイヤーなどに引っ掛けて使うものなので、滑ると困りますが、



ローラーフックは金具の部分の大きさが違うことによって滑らないのです!









さらにいいところは、2、ヒモを伸ばす作業が簡単♪




手で握るとストッパーが上がって、引っ張ると簡単にヒモをのばすことができるんです。









この2つはPASCAL社の特許になっています。



この他にも、トマトの栽培に役立つ商品を扱っています。




また次回、ご紹介しますので、しばしお待ちを・・・










トマトを栽培されている方は是非使ってみてくださいね。




















2010年10月27日水曜日

グランド六甲ビル創業感謝祭

当社が運営するグランド六甲ビルでは、今年も11月3日文化の日にガラガラ抽選会を行います。

例年は期間中のレシート合計額でガラガラをひいてもらっていましたが、
今年はルールが変わり、スタンプカード形式になりました。

10/25(月)~11/3(水・祝)までの間、各店ご利用につきスタンプを1つ押します。(スタンプは各店1回のみ有効。)
3×3の9つのマス目でビンゴ1つにつき、1回ガラガラができます。
ちなみにフリーとパルヤマトにはあらかじめスタンプが押してあります!!ラッキー♪

気になる賞品は、
1等 シャープブルーレイレコーダー
2等 ソニーデジタルフォトフレーム
と大変豪華です(´3`)私に当ててー

詳しくはこちらをご覧下さい↓↓
http://g-rokko.com/

昨日から急に寒くなりましたが、、寒さに負けずグランド六甲で遊んで体を温めましょうo(^v^)o

2010年10月18日月曜日

東お多福山

創業120周年事業として、芦屋市と神戸市にまたがる六甲山系の東お多福山の植生管理のお手伝いを社員で協力することになりました。ここは昔、ススキの草原が広がっていたそうなのですが、ネザサの勢力が増して、草原生植物やススキが減少しているそうです。兵庫県立人と自然の博物館の橋本先生の指導のもといろいろな団体の方々が協力されて植生管理を実施しているのです。12月に社員有志でお手伝いするため、指導員のお手伝いをすべく、研修にいってきました。10月というのにまだまだ暑く、ヘトヘトになりました。みんなで並んで、鎌を使ってネザサを刈っていきます。



萩があったので残してみました。でも萩も大きくなるので刈ってよかったようです。



刈っても刈ってもこんな状況なのです。でもこの活動を続けていると、

昔に生えていた植物も徐々にですが復活してきているようです。




たくさんのみなさんの力がなかったら、なかなかススキの草原の復活は大変だと実感!!

 4時間ほどの作業でしたが、腰にきました。
会社に戻ると、痩せたなんて言われてしまいました。


12月は本社の社員やできれば家族もいっしょに東お多福山に行って植生管理をします。

少しでも社会に貢献できることを、120周年を機にやっていきたいと思います。

2010年10月1日金曜日

社内ボウリング大会☆

先日、毎年秋に六甲ボウルで開催されているフリータイムコンペを利用し、120周年記念行事の一環として、 関係会社も交えたボウリング大会を開催しました!!


ルールは連続で3ゲーム投げて、女子(とケガの為左手で投げる人)はハンデ60をつけて、個人戦と部署ごとにわけたチーム戦でそれぞれ順位をつけます。とび賞もあるのでわたしはブービー賞を狙います。

パソコンに向かってカタカタ仕事する毎日を過ごしていると、目と肩と腰から「痛い痛い」と悲鳴が聞こえてきますよね。
そこで、みなさんご存知ですか?ボウリングって全身運動なんですよ。しかも有酸素運動(´ω`)
久々にボウリングをした者が「足の筋が痛い~」と泣き叫んでいましたが、それだけ日頃使わない部位の筋肉を使って全身運動したってことなんでしょうね。
ゲーム直後、じゃんけんのグーができなくなりました。 握力ゼロです。


社内にはなかなかボウリングの腕の立つ者が多いと噂では聞いておったものの、 結果を見てほんとにびっくりしました。
意外や意外、役員のレベルが高い!!!女子もかなりうまい!!








何でみんなあんなに細いレーンの何十メートル先にある10本の棒を倒せるんですか?
私が社長室チームの平均点をものすごく下げてしまった!!ひーすいません

東京支店、福岡営業所、滋賀事業所のボウリングスコアをもらったら、いよいよ順位確定です!! ドキドキ♥ 現在ステキ~な景品を準備中。

こうやって年に何度かイベントをちょこちょこ開催しているのですが、普段あまり話す機会のない社員同士が交流することで、社内の結束をより深めていければ、と思っています(^^)
実際、みんな楽しそうにしてくれてたのでよかったです♪

2010年9月21日火曜日

『バロンボックス』のご紹介

こんにちわ。BIB事業部のつちだです。
今回は小泉製麻のバッグインボックス(商品名:バロンボックス)についてご紹介させて頂きます。

①バッグインボックスってな~に??
内装が成型容器(ポリエチレン薄肉容器、左写真)、外装が段ボール仕様の業務用液体容器です。
広く液体物流の場で活躍しています。

これまでは一斗缶が業務用液体容器として広く使用されてきましたが、
・廃棄処理が容易
・輸送、保管コストが安い
などなどの理由から徐々に切替が進み、現在では多くの用途、分野で採用されています。



②バッグインボックスの種類
バッグインボックスの中には、通常の単層タイプの他にバリア性を持たせた多層タイプがあります。
小泉製麻ではEVOHという非常にバリア性の高い樹脂を用い、内容液の酸化、劣化を防ぐ事で、品質を高く保持させる事が出来、主に食品業界で重宝されています。
このタイプの成型容器を扱っているのは当社だけであり、他社にはない強みとなっています。

そんなバッグインボックス、小泉製麻では滋賀工場にて生産~出荷しています。スピーディーな対応で日々業務に取り組んでいます。
20リットルに関しては新しく静岡工場も有し、生産~出荷の強化を図っています。
静岡工場品はクリーンルーム内で生産。衛生的にグレードの高い商品をご提供しています。
(左写真はクリーンルーム内での検品の様子)



③最後に
今でこそここまでの体制を整えていますが、最初からそうであったわけではありません。
日々地道にコツコツと、お客様の声を活かしてきた事でここまで成長する事ができたのです。
これからもその気持ちを忘れず、より良いものをご提供できるよう、
そして業界のトップサプライヤーとなれるよう、部員一同頑張ります!!




ので、ご愛顧の程よろしくお願いします~



2010年9月13日月曜日

菜園その後

暑い夏もひと段落。今年は、皆さんの菜園も多分お水やりに苦労されたのでは・・・と思います。ほんとうに雨が降らなかったですもんね。












さて今の状況は、「オクラ」だけが元気なんです。毎日花を咲かせ、今日はまだ収穫が早いと思ったら、なんかいきなり大きくなって、食べられないほど堅くなってしまっていたり・・・
仕方がないので、来年に向けて種を採取することにもしました。茶色くなるまでかさかさにしています。いいサイズのオクラは社員の皆のお腹におさまっています。




こんな暑い中ニラが花をさかせていました。あの強烈なにおいとからはそうぞうできないかわいい可憐な白い花です。





あと、レモンには気をつけていても蝶々に卵を産み付けられており、食欲旺盛なアオムシがやわらかそうな葉っぱを食べています。


今年のような暑い夏。 農家の方は本当に大変だろうなとあらためて思い、感謝のこころを忘れず野菜を食べなくっちゃとあらためて思うのでした。


2010年8月27日金曜日

授粉用ハチ「クロロン」紹介!!!

こんにちは。施設園芸事業部のひろせです。
今日は施設園芸事業部で販売している授粉用マルハナバチ「クロロン」を紹介します!

その前に少し豆知識・・・

ビニールハウスやガラス温室などの施設の中は、風もなく、花粉を運んでくれる昆虫がいないので、そのままの状態では「受粉して実がなる」ということがありません。


そこで、授粉用ハチの登場です!
ハチを施設の中に放して授粉をしてもらいます。





ハチといってもたくさん種類がありますが、作物によってミツバチを使ったり、マルハナバチを使ったり、色々です。

クロロンは「クロマルハナバチ」という在来種のハチです。
性格はおとなしくて、働き者

日本人みたい??
現在は主にトマトやイチゴの授粉に使ってもらっています。

そしてクロロンの売りは純国産であること!!!
女王蜂の飼育から販売まで全て日本で行っているのはクロロンだけです♪

日本にもともと生息しているハチなので、万が一ハウスから逃げ出してしまっても、生態系に影響がほとんどなく、環境にもやさしいんです。



写真はトマトの花粉をせっせと集めているところ。
花粉は幼虫のエサになるので、こんなに真剣!

ちょっとずんぐりむっくりした体型もカワイイなぁと思うんですが・・・☆







 このキャラクターが目印です!
 やさしくて働き者のクロロンをよろしくお願いします!

2010年8月11日水曜日

120周年感謝のつどい

今さらですが。。。
平成22年6月1日を持ちまして、弊社は120周年を迎えることができました。
これもひとえに皆様方のおかげと、深く感謝致しております。

お盆前の8月12日(木)社員が一堂に会し、芦屋モノリスにて記念祝賀パーティー『感謝のつどい』を開催致しました。
旧逓信会館を結婚式もできる会場に再生し、歴史を感じながらモダンな雰囲気も持ち合わせたおしゃれな会場です。

















受付は美男美女揃い♪











司会の2人もなかないいコンビでしたね♪








社長挨拶と乾杯後、みんな一目散に料理めがけてダッシュ!!笑
お料理もすごいおいしかったです。












その後、歌手の北浪良佳さんが社歌をジャズアレンジで歌って下さって会場は
ヒートアップ↑↑

























今年の新入社員紹介では、我が社のホープたちがフレッシュな意気込みを披露してくれました











たくさんのおいしいお料理をほおばりながらしばしご歓談





















広報チームの血と汗と涙の結晶の120周年の歴史を振り返るDVDを上映すると、
みなさん久々に若かりし頃の自分の姿を見て大興奮!!!最高潮の盛り上がりを見せました。

最後は北浪さんによって新しく生まれ変わったボサノバ調伴奏の社歌をみんなで歌い、常務の挨拶で閉会しました。

今回この「感謝のつどい」で、改めて120年という年月は何千何万人もの先輩たちから引き継がれてきたという
歴史の重さを社員一同感じたことと思います。
現状に満足することなく、これからも更なる発展を遂げていきますので、
今後とも小泉製麻をよろしくお願い申し上げます。

2010年7月28日水曜日

オバケオクラ

こんにちは。毎日イヤになるぐらい暑いですね。
海の日ぐらいからでしょうか、急にセミのオーケストラが始まり、いよいよ夏本番ですね。
各地でゲリラ豪雨が猛威を振るっており、これも温暖化のせいかとしみじみ地球の危機を感じる今日この頃です。

こないだの菜園ブログにて
『オクラは難しい、なかなか育たない』と書いたと思いますが、

最近めっちゃなるんですo(^∀^)o
しかもかな~り長い。
長~くて太い立派なオクラができております。


こないだの菜園までは、まだちっちゃくてかわいい感じの枝葉やったのが、
サンサンと輝く太陽の下いつの間にか立派な木のようになっていました。
ほんと大きくなったね。たった2週間でこうまで変わるか。。
まるで久々に会う親戚のようなコメントになりましたが、それぐらい驚いています。




これはきゅうりです↓↓
















オクラ&きゅうりです。
ひえ~っ、きゅうりより長い!!どうしたもんか。
魔女の指っぽいですよね。夏にぴったり「オバケオクラ」です。
















食べてみると身は結構かたく、味もしっかりしてました。
長くゆがいてみてもまだかたかったので、お味噌汁に入れてみました。
おいしかったです♪

他にも収穫した野菜がたくさん。
















ピーマンやナスはちっちゃくてかわいいですね。
夏バテしないよう、今年の夏もたくさん野菜を食べて乗り越えましょう★