2015年10月23日金曜日

東京からこんにちは!

今回は良質な睡眠を提供する枕の選定について書かせていただきます。
全然会社も仕事も関係ありませんよ。

さてみなさん、人生の内、睡眠がどれだけの時間を締めているかご存じでしょうか。

はい、三分の一です。なので、良い枕を買う事を決意!

新居に引っ越して以降は睡眠が浅かったので、ずっと気になってたんですね。

まずはじめは販売店Aに置いている普通の枕。
(お求めやすいお値段です)
それから、販売店A社ブランドの低反発枕。
(セールの為、お求めやすいお値段です)
次に、販売店Aに置いてあるB社の枕(ちょっとお高いっ)   
私にはB社の枕のフィット感があっている気がしたんですが、
値段とフィット感は比例してくるのか・・・。

せっかく自分にあう寝やすい枕を買うなら・・・と、お次は寝具専門店を訪問。
ここは、B社とC社の寝具を取り扱うお店です。
まずは、販売店Aでいい感じのフィット感だったB社製枕を試そうと思うと・・・8種類もありました(驚)。店内に展示されているベッドに寝転びながら色んな枕を試してみました。

結果、私が選んだのはC社の枕。
この枕は程よい柔らかさで肩~頭が優しく包まれ、ストレスがありません。
嫁様は結局、この店に置いていないタイプの低反発枕を買いましたが、昼寝の時は私の枕を使っているよう。私の枕のほうがあっていたのでしょうか。
・・・という事で、嫁様の枕もC社のものに買い替える事となりました。

皆さんも良質な睡眠を得る為に、枕屋に入ってみてはいかがでしょうか?

※ただ残念な事に、枕の寿命って数年なんですって。

たった1つの睡眠アイテムの枕ですが、なかなか勉強すると深い!と感じました。

もん

2015年10月20日火曜日

展示会出展!

皆さん、こんにちは。 

弊社は今年も日本黄麻製品輸入協議会のメンバーとして

『びわ湖環境ビジネスメッセ2015』に出展します。


環境ビジネスに取り組まれる企業・団体が環境製品や技術、サービスを一堂に展示しております!

日本最大級の環境産業総合見本市となっております。
環境ビジネスに関心のある方は、是非お立ち寄りください。








【期間】10/21(水)から10/23(金)10:00~17:00 
    ※最終日は16:00まで
 
【場所】滋賀県立 長浜ドーム 
 

お待ちしております!

営業企画推進部



 

2015年10月15日木曜日

10/1「日本酒の日」~全国一斉・日本酒で乾杯!~

 
こんにちわ。
秋晴れの日が続く毎日、青い空にさわやかな風、とっても気持ちいい季節になりました。
次々と旬を迎えるおいしいものたち・・・、今年も食欲の秋です。
(ちなみに本社のあるサザンモール六甲で24日、25日に美味しいものがいっぱいのマルシェがあるんです。)

また、秋ごろになると一段と味が冴えると言われる灘のお酒も、楽しみな季節です。
あちこちの酒蔵で、イベントなどもやっていますね。


ところでみなさん、10/1が「日本酒の日」ってご存知でしたか?

どうやら今、全国で、「日本酒で乾杯」と言う条例が広がっているそうで
「神戸灘の酒による乾杯を推進する条例」なんてのが、
神戸市でも、平成26年11月1日から施行されているそうですよ!
「全国一斉・日本酒で乾杯」と言うイベントで盛り上がっているのを、
仕事帰りに見かけました。

日本酒と言えばやはり、「灘五郷」のお酒」
本社はまさに灘五郷に位置しています。
全国の日本酒の約30%を製造していますからね!
ありがたいことに、BIB事業部のお得意様も、たくさんいらっしゃいます!

私もこの秋は、この灘五郷の酒造りについて、ちょっと深く学んでみようと思っています!


今日はその第一弾、灘のお酒のおいしさの秘密、他のどの土地にもない一番の特徴である、
天下の名水、「宮水(みやみず)」についてちょっとだけ・・・。


「宮水(みやみず)発祥地」の碑

阪神西宮、JR西宮の南、43号線すぐの南側、わずか幅300M X 500Mの場所に、「宮水」の湧く、60もの井戸があるそうです。西宮の酒造メーカーでは12社、神戸市の灘五郷の酒造メーカーさんたちもたくさん、わざわざここから「宮水」を運んでいるのだそうです。


宮水庭園
震災後、西宮の酒造メーカー三社共同で作られた「宮水庭園」
井戸の銀色のふたが、日光で輝いていました。



この「宮水」を発見したのは、櫻正宗の当主、当時、魚崎郷と西宮郷の両方に酒蔵を持っていた山邑太左衛門さん。その時代、夏を越すと味が悪くなっていたお酒が、なぜか西宮で作ったお酒だけが、夏の暑さにも劣化せず、秋には一段と味が冴えたんだそうです。不思議に思って、色んな条件を変えて調べた結果、その要因は、この「宮水」であることを発見したそうです。

そもそも縄文時代、この宮水の井戸郡がある北側地域は、入り江の海だったとか。
そして、宮水は、その北側から&武庫川水系の東側&西の六甲山方面から流れてくる、3つの伏流水(地下水の強い流れ)がブレンドされてた結果、リン成分、カリウム、カルシウムなど酒造りに必要な養分を絶妙に含みつつ、酒造りの大敵である鉄分が極めて少ない、奇跡の水が生まれたのだそうです。

それは、化学の進んだ現代の技術でも作りえない、再現不能な「天与の霊水」と言われています。

ちなみにこの「宮水」、環境省の「名水100選」にも選ばれています。
硬水のため、飲料には適しませんけどね。

「六甲のおいしいお水」は、とても飲みやすくおいしい軟水なのに、不思議ですよね!

と・・・こんなところで、今日は突然おしまいです。

おいしいお料理と相性のいい日本酒で、条例に従い(!?)みなさんも秋をお楽しみくださいね。



西宮のお酒:西宮神社にて



                       貿易担当   岡本でした。
 




 
 

2015年10月8日木曜日

徳島ラーメン!


こんにちは。初めて投稿します岡本です!

 
突然ですが皆さん、ラーメンはお好きですか?

私は大好きです!三食すべてラーメン、いや5食ラーメンでもいけます!

そんな私なので、これからラーメンブログをちょこちょこ書いていきたいと思います。
 

さて第1回目は、今回仕事で徳島に行った際に、食べた徳島ラーメンを紹介したいと思います。

徳島ラーメンは全部で大きく分けて3種類のベース味があります。
 

★1つ目が茶系といわれる、豚骨スープに濃口醤油で味付けした中細麺の濃いタイプ★

 
 




「いのたに」というお店の肉入り大盛です!ここが茶系の元祖と言われています。このお店には無いですが、茶系は生卵を入れるのが特徴でもあります。

生卵が入っていて有名な茶系だと、「ラーメン東大」なんかがおススメですよ!




 

 

★2つ目が黄系といわれる、鶏がらベースで野菜などを使い薄口醤油で味付けした茶よりは薄味のタイプ★


 

「三八(さんぱ)」というお店のラーメンです!黄系といえば三八というほど、地元の方も認める黄系代表のお店です!三八は店舗によっては、ラーメン屋ながらお好み焼きなども食べられるお店でもあり、その店舗ではラーメンをごはん替わりに、お好み焼きをおかずとして食べるお客さんもいます(笑)→斉田店

 




★3つ目は白系といわれる、豚骨スープに薄口醤油で味付けした、薄い色タイプ★

 





「岡本中華」白系元祖といわれているお店(1951年開店)。創業以来引き継がれている秘伝の素だれをつかったどこにもない自信の乳白色スープのラーメンで、コクと旨みが凝縮されていて、めっちゃうまいです!ここは通販もしていますので、取り寄せてお試ししてみてはどうですか!?

 


徳島ラーメンは基本的に「ごはんのおかず」という位置づけにあるため、量がやや少なめです。そのために、ほとんどのお店でライスがメニューにありますし、お店によっては無料提供しているところもあります。私は大食いよりなので、こういったサービスはとても嬉しいですね。

ガッツリ行くなら茶系!!!ちょっとしんどいなら黄系!!あっさりいきたいなら白系!

 

ぜひ徳島に行った際は徳島ラーメンを食べてみてください!

 

それでは第2回ラーメンブログをお楽しみに!!!

2015年10月2日金曜日

ウォーキング始めました。パート2

こんにちは!菊池です。

昨年9/29からウォーキングを始めたことを以前ブログに掲載しました。5月までは通勤の往復、休日とも約1時間半歩いておりました。しかし、6月に入り決算業務等で帰りも遅くなり車通勤をしましたが、7月から出勤時はバス、帰宅時のみ歩くようにしております。約1年経ちましたので、26年と27年健康診断の結果からご報告します。

 改善した点

体重 77.3㎏→61.6㎏、ウエスト 95.4㎝→79.4㎝、BMI指数 26.921.5

HDLコルステロール 5980(基準値65139)、

LDLコルステロール 11577(基準値4099.9

悪化した点

中性脂肪 6132(基準値40149

 という結果がでました。

太っていた頃も中性脂肪は低かった(貧相な食事のため)のですが、食事制限が極端すぎたのか、中性脂肪が減りすぎ(栄養失調?)になってしまいました。確かに自分の上半身を鏡で見た時に以前どこかで見たことのあるような体。両腕が細く、肋骨が浮き出て、乳首の位置が低め、そうです「G馬場の晩年の上半身」に似ている。ヤバ!と思い、食べる量を増やし、今は65㎏±1.0㎏を約3ヶ月間キープ状態です。



 «この1年での出来事»
 

      夜道の恐怖体験

夜9時頃、会社帰り家の近くに差し掛かった時、突然、前方から女性と思われる人が鳴き声を上げ、興奮した様子で私の方に近づいて来るではありませんか。夜道のため相手の顔がはっきり見えず、何を叫んでいるのかも判らず、「ヤバ!走って逃げよか」と一瞬思いましたが、近づくにつれ若い美人な女性で、「○○中学の前で友達と待ち合わせをしたが、道が判らないんです。」と叫んでいた言葉も判り、ようやく一安心。

 
しかし、いくら若い美人な女性といえども、暗い夜道泣きながら走って来られても、只々恐怖(ひょっとして幽霊(_;))でした。







②   鼠と犬のウンチと私 

先日、(大阪駅地下街で水漏れのあった日)、仕事で大阪に行った際、豚カツを食べるために大阪の地下街を東通方面に向かって歩いていると、左上前方から何か黒い謎の物体が落ちてきました。ボッソという音がしたので見てみると、何と「どす黒い薄汚れた鼠」さんではありませんか!「あっ」と驚いた次の瞬間、その「鼠」さんは昼食をとりにお寿司屋さんの中へ入って行かれました。
 
  
  昔、やはり大阪地下街で「鼠」さんがランニングしているのを見ましたが、まさか天井から飛び
  降りてくるとは。もし、私の頭上に降臨してたら「禿鼠」になるところでした。

  しかし、頭上にも注意したいところですが、やはり確立論からいくと下が要注意!犬のウンチを 
  1回踏んじゃいましたので。