2015年7月29日水曜日

多くの方に助けられています



みなさん、ごぶさたしております。
人事担当の松本です。

わたくし、大失敗してしまいました。
松本家には、保育園に通う5歳の息子と3歳の娘がいます。

先日社内での打合せを終え、ホッと一息ついたところで、
「んっ、何か忘れてるような気が・・・」
「んっ、んんんっ」
「アーッ!!今日は保育園に子供を迎えに行く日だったっー!!」
なんと、子供を迎えに行くのを忘れていたのです。
時計を見ると18時45分。保育園は、19時00分まで。
急いで妻に連絡し、
私「ごめん、子供迎えに行くの忘れてた。」
妻「え~っ、何してんのよ~。」
私「どうしよう?」
妻「保育園の近くに住んでるママ友にお迎えお願いしてみるわ。」
ということで、ママ友に連絡を取ってもらい、心よく引き受けていただきました。
おまけに子供たちの晩御飯までご馳走になりました。
ママ友さん、旦那さん、本当にありがとうございました。
そして、子供達、忘れてごめん・・・。こんなお父さんを許してください。

こんなかわいい子たちを忘れてしまいました...




次の日、子供達からはママ友家で過ごした時間が楽しかったらしく、「今日もお迎え忘れてくれていいよ。」と言われる始末。
「ああ、何てこった。」
これからは、気をつけます。

そんな子育て真っ只中の私ですが、これからの企業には仕事と育児・介護の両立、65歳定年、外国人雇用など多様な人財に対するダイバーシティへの取り組みが課題となっています。
(スローガン等は人材ではなく人財を使っています。)

そうした中、当社でも多様な人財が能力を最大限に発揮できるための環境や制度作りに取り組んでいます。
そして、来たる小泉製麻創業130周年(2020年)に向けて、社員のみなさんが働きがいを感じられるスマイルカンパニーを目指して頑張っていきたいと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

2015年7月27日月曜日

最近、嬉しかったこと

皆さん、こんにちは。
総務・人材開発室の上田です。
 
最近、とても嬉しいことがありました。
それは、ペン字の展覧会に出品した作品が、入賞したことです!!
全国から出品された作品の中から選ばれ、光栄です。
 
私が、ペン習字を始めたきっかけは、UAゼンセンが発行するYuai誌に連載されているペン習字講座でした。
当社には、労働組合があり、その労働組合がUAゼンセンに加盟しています。
(労働組合は、労働者の労働条件の維持・改善及び、経済的地位向上を図ることを主な目的とし、労働者の代表として会社に働きかけ、労使一体となり、労働者の良好な職場環境の構築を図っています。UAゼンセンは、繊維・衣料、医薬・化粧品、化学・エネルギー、窯業・建材、食品、流通、印刷、レジャー・サービス、福祉・医療産業、派遣業・業務請負業など、国民生活に関連する産業の労働者が結集して組織した産業別労働組合です。)
私は、もともと学生時代に書道を習っていて、師範試験にも合格しているので、ペン字も教えられます。
でも、ペン習字講座の先生のお手本の字がとてもきれいで、「会社を定年退職してから教室を開くなら、この先生くらいきれいな字が書けた方がいいな」と思い、ペン字を習い始めました。
ペン習字講座は、Yuai誌の読者であれば、無料で学ぶことが出来ます。
毎月作品を提出すると3ヶ月後に発行されるYuai誌のペン習字講座で成績が発表されます。
そして、先生が(丁寧にわかりやすく)添削して下さった作品が、労働組合を通じて返って来ます。
初回は、名前のお手本が添えられています。
私は、3年で最上段の5段まで昇段し、昨年にペン習字講座を卒業しました。
 
そして、昨年の11月に、先生が東京の地元の教室で教えておられる生徒さんたちの作品展に伺い、初めて先生にお会いし、3年間お世話になったお礼をお伝えしました。
そこで、先生から「鍛えられて実力がつくから」とペン字の展覧会に出品することを勧められたんです。
課題が発表になった時は、ペン習字講座の課題の倍以上もある文字数に驚きましたが、先生に出品すると約束していたので、3ヶ月かけて作品作りに取り組みました。
出来れば入賞して、先生に喜んでいただきたいと思っていたので、念願が叶い、先生に喜んでいただけてよかったです。
先生と展覧会でお会いした時には、「実力はあるから、これからはいい作品を観て勉強して。それくらいの段階に来ているからね。」と言葉を掛けていただき、嬉しかったです。
 
授賞式と懇親会にも出席し、審査員の先生方や他の受賞者の方と知り合うことができました。
他の受賞者の方とは、作品作りで苦労した話で盛り上がり、楽しい時間を過ごせました。
来年もまた、先生や今回知り合った方々と再会できるように頑張ろうと思います。
 
総務・人材開発室の上田でした。

2015年7月23日木曜日

NEW釣り部発足!?


IM事業部のIです。

私ごとですが、最近部署移動がありBIB事業部から→IM事業部へと移りました。

IMって何。。。?いけてるメンズ  industrial materialの略です。
和訳すると産業資材です。

昔から売っている麻製品から、化成品まで幅広く扱っている部署です。

新たな気持ちで頑張りたいと思いますので、どうぞよろしくお願いします。

そんな変わったばかりで仕事もろくに出来ず、ブログぐらいはちゃんと書こうと思っ
たのですが、とっくに期日が過ぎておりました・・・・・・(広報のみなさま  スミマセン・・・)






前置きが長くなりましたが、先日すごした休日について少し書いてみようと思います。

若手?数人で釣り&BBQをしてきましたー。福井のビーチ!
ビーチと言ってもリゾート地の様な所では無く、曇りの中しっとりとひっそりと私たち
を迎え入れてくれました。




連れて行ってくれた同期のKくんもこんなに色気のないビーチは無いと豪語しており
人も少なく、釣りをしている人か犬の散歩の人くらい。
ですので、落ち着いて過ごしたい方には良い場所だなーと思いました。

プラント2で食材を爆買いした私たちはさっそく、BBQにとりかかります。


いやー、やはり昼間から飲むってサイコーです。

しかし!野外でアウトドア等してるとご飯をこぼしたり、手にタレがついたり、物を
地べたに落としてしまったりしませんか?
そんな時に限って炊事場が遠く、わざわざ行くのもめんどうですし、行ってる間に
焼いている食材が焦げたりと、やる気がなくなりますよね。

いい感じにしっとりしてきた私たちですが、ぬかりなくBIBに水を入れてすぐそばまで
持って来ていました。

充填終了しコック装着
ケースに入れーる!

こんな感じですぐ手を洗う事ができました。なんて便利!!


持って行く時は容器もケースも折りたためて薄いですし、廃棄も簡単。
なかなか使えます♪

軽く商品紹介をさせて貰いましたが、本当の目的は釣りでした。


かかった時の「おっ」という感覚は久しぶりでくせになりそうです。
やってみてわかることって多いですね、餌をつけたり、魚から針を外すのも大変
でした。


この日はみんな数匹ずつ釣れ、今度は大物をGETを目論んでいます。

キャッチ&リリース、痛めてしまった魚には「ごめんね」と言いながらリリースし
ていた先輩の姿は忘れられません。

優しい大人の休日でした。













2015年7月21日火曜日

六甲クイーンズ開催中!

こんにちは。総務・人材開発室の藪木です。

昨日より神戸六甲ボウルで行われております六甲クイーンズの様子を少しご紹介したいと思います。

六甲クイーンズとは・・・
ボウリングのプロボウラーとアマチュアボウラーが参加するトーナメント戦で、毎年この時期に3日間行われます。
初日は、神戸プロアマボウリングフェスティバルが開催され、今年で35回目を迎えました。
2日目、3日目は第32回六甲クィーンズオープントーナメント(プロボウラーによる)が開催されます。
7月20日(月・祝)から開催されており、今日は2日目ですが六甲クイーンズオープントーナメント
が始まりまっており、たくさんの方が観戦に来られてます!

私も先程、観戦に行ってきましたが、ギャラリーの多さに驚きました!
それと何といっても、プロのすごさ!ピンの倒れる音も迫力が・・・・・私たちとは大違い・・・・・



                     ★会場の様子を少しご紹介★



プロの方が投げます!
後ろ姿カッコイイですね~
 
 
スコア表を確認中です!
 
 
試合はまだまだ続きます~

明日(7月22日水曜日)は、10時より準決勝、決勝が行われます。
プロのトーナメントを体感してみませんか。
お近くにお越しの際は、是非お立ち寄りください。

2015年7月14日火曜日

新商品★白ピカ★展張してきました!

こんにちは、開発マーケティング室のヒラタです!

先日、弊社営業マンより新商品★ルンルンシート白ピカ★をご紹介させていただきました(5/28記事)。

防草効果だけでなく、、、
高反射性により光合成を促進』 地温上昇を抑制』 摩耗性に優れた耐久性』
といった機能を持ち合せた、弊社イチオシの新商品です。

そのルンルンシート白ピカを、奈良県でトマトを生産されている『とぐちファーム』様のハウスに展張させていただきました!!

 
シート両側をピンで留めていきます。
かなりおぼつかない手つきでしたが、、、ひたすらカナヅチを振ります!
 
 
慣れてきたところでピース☆ 
それにしてもスゴイ数のトマトの苗ですね\(◎o◎)/!!
 

できあがり~!!!!
やっぱり白のシートはハウス内を明るくしてくれますね(^^♪
 
ちなみに、「ルンルンシート白黒」も展張しました!
 
 
白ピカエリアと白黒エリアで、どれだけトマトの成長に差が見られるでしょうか??
今後、観察させていただくのが楽しみです(^_^)/
 
/ヒラタ
 

2015年7月7日火曜日

中国の結婚式


 皆様、お久しぶりです。いよいよ私の登場でござる。(ミュージックスタート♪ジャンジャンジャンジャーン)

入社二年目の何()と申します。今は営業企画推進部の開発マーケティング室に所属しております。(ややこしい名前やなぁ∑(゚□゚;) おい!)

 さて、皆様、中国の結婚式にどんなイメージを持っていますか
チャイナドレスで振る舞いまくり?
ダサイ赤色だらけの式場?
食べきれないものばっかり提供される?
それともめっちゃウザイやつらの集まり?

 先週ちょうど花嫁の介添人として招待され、久しぶりに中国へ帰っておめでたい結婚式に参加しました。
 
 ご存じの方もいらっしゃると思いますが、日本の結婚式と違い、中国の結婚式と披露宴は同時に行います。そして招待された方々は普段着でもオッケーです。
しかし、注意です。参加する男性の方々は黒のスーツに白のネクタイはタブーですよ。なぜならお葬式の格好となるんです。
 

  結婚式の一般的な流れはこんな感じです。
 午前新郎と新郎の介添人や友人等が車10台ぐらい(勿論貸切で)で新婦の実家まで迎えに来る。→ 新婦側のご両親や親戚や友人等と一緒に結婚式場へ移動。→ 司会者の紹介で入場、式開き。 → 新婦が父様と一緒にバージンロードを歩み、司会者が結婚証明書を読む、新郎新婦が指輪交換し宣誓。→ 司会者が新郎新婦のご両親を紹介する。→ 新郎新婦が相手の両親に対しお茶を差し上げながら呼び方をおばさん・おじさんからパパママに変える。→ 司会者の乾杯の一言を言って食事開始。→ 新郎新婦が衣装替えし、各テーブルにお酒を差し上げる。→ 2時間ほどで披露宴終了。

私の地元の結婚式はちょっと変わったところがありますね。朝新郎が新婦の家に迎えに来た時、新婦がいる部屋のドアを堅く閉めて、花嫁の介添人をはじめ、新婦の友人たちが新郎を非難するのが慣習になっています。(新婦が満足するまでドアを開けない!!!)

なんで結婚式なのにそこまで意地悪するの?って思うでしょう?それは、新郎に新婦の大事さをもう一度理解させるためです。結婚式だからって、花嫁もらえるぞっていう甘い考えは×、今までずっと一緒に困難を乗り越え、そばで支えてくれた人に喜んでもらえる為に、新郎が、新婦側の仲間の要求に必死に応えるように努力をしなければならないです。



 なので、新郎を非難するのは介添え人の私の仕事になりますね。正直、シンドイわぁぁぁ! 例えば、新婦の結婚式用のハイヒールを隠して新郎に捜してもらうとか、「お祝儀を下さい。」って要求するとか、「結婚後、新婦が満足できる約束を8つ述べなさい」とか、「今流行っている歌とダンスを真似して下さい。(ちなみに『小苹果』は人気ですよ)」とか、「新婦の身分証明書とパスポートの№を暗記してください。」などなど。合計で30分もかかりましたね。(┳◇┳)

お祝儀
小苹果ダンス披露!テレッチャウ~ヒーハー
 

 










やっと式場でスタート!新郎新婦登場~~~~パチパチパチ


いよいよ本場~


緊張してはるなぁぁぁ~

 本当におめでたい結婚式です。この二人は付き合ってからもう10年目になり、何年間の遠距離恋愛や、家庭問題など色々大変な時期を一緒に乗り越え、今ようやく結ばれたのです!
この日がいつか必ず来ることをずっと信じていた私でも、バージンロードを歩んでいた新婦とお父様の姿をみると、言葉では表せない嬉びでつい涙がこぼれてしまいました。そして、お父様が新婦の手を新郎に渡すときに言った言葉はずっと忘れられません。

「俺の大事な、大事な宝物を君に渡します。これからずっと大切にしてください。俺の代わりに守ってください。」

 詩経によると、「執子之手、与子偕老」(手を繋ぎ、共に年を取っていきたい)という言葉があります。まさにその通りです

 このブログをご覧になる方々に少しでも幸せな気分を与えられるなら、私も嬉しいです。
最後に、私の感想ですが、一人の人生は長いようで短いようです。なので、身近な幸せをちゃんと掴んで幸せになりましょう!!!

以上で、開発マーケティング室のカでした。皆様もぜひ末永くお幸せに~