2015年1月30日金曜日

CSセンターの交流会。

こんにちは! 本日は、総務の取り組みとして、営業の要!
営業アシスタントの交流会を実施致しました。 営業アシスタントが、全員が集まって社内研修です。 以前は、なかなか集まるのが、難しい為、年に数回TV会議や、Skype会議にて交流していました。 今回は、東京や福岡からも参加です。("⌒∇⌒") みんなおやつを持ち寄って、仕入れ先から頂いたみかんを食べながら、和気あいあいと研修してます。 女性が集まると、なんだか華やかで笑い声が心地いいです。(*^^*)

課題は、「業務の役割を見つめ直し、130周年に向けてなりたい姿を考えましょう」

自己紹介から、始まって、まず、互いを知る事から始まるようです(*^^*)
室長自ら自己紹介で場の雰囲気を盛上げております!!

人材育成のきっかけづくり


自己紹介をしてください!!

・「名前」
・「担当している業務」
・「出身地」
・「趣味・特技」
・「今のお気に入り」
・「好きな食べ物」



期待される役割 「営業事務+α」

お客様が期待される事・仕事に取り組んでいて嬉しかった事・難題が解決した時の喜び・
などが顧客満足の向上となり、自分たちの成長に繋がる事を再確認したと思います。


「ありがとうが、いっぱいになるような業務に取り組む姿勢を目標に掲げたようです!
「CSのおきてを決めるみたいです!
なんだか、「マルモのおきて」みたいです。(笑) 

               古いかなぁ~。f(^_^;

みんなからいろ~んな意見が出たので、CSセンター長が最後にまとめるみたいです!
どんな「おきて」か楽しみです!!

研修会の後で、親睦会が開かれました!!楽しげで華やかです♪
ピザが絶品☆イタリアン♪

 
最後に、CSセンター長からの一言です。
仕事を通じてお取引先・社員のお役に立つことが私達CSセンターの満足・
充実感に繋がり、人生を豊かに出来ると思ってます。

日々忙しいですが、仕事の意味、やり方を振り返り、理想に向かって進んでいるかを確認し、みんなにとって良い会社を創っていきたいと思っております。

今後とも各事業所間の交流を図り、関係性、連携を深めてより良いサポートをしていきたいと思っておりますので、宜しくお願い致します。

2015年1月28日水曜日

冬と言えば温泉ですよ♪

皆様、新しい年を迎えて気持ちを切り替えて色々楽しんでいらっしゃいますか?

BIB事業部アシスタントをしておりますでございます。

日々ゆるく楽しく元気よく本気(マジ。)で実行しつつ、仕事に励んでおります。
*ちなみに”本気(マジ。)は、弊社の今年の行動指針です。

さて挨拶は、さておき・・・・・・ブログとやらを書きたいと思います。

日本人と言えば、温泉
そんな素敵な温泉に友人と2人で行ってまいりました~♪
しかも!青春18切符で!(特急には乗れないけど便利な代物です)
しかも!友人の残った切符で!
棚からぼた餅状態です!!!ラッキ~です♪
とりあえず、近所(電車で4~5時間)の城崎温泉に行きました。
駅にあった看板!
 
朝7時に出発して昼13時頃到着!!
お腹がすいたので、いつも行くお店に行きました!(オススメ!)
エビフライカレー1500円(エビフライ大きいです!)

カニエビ定食1500円(エビはカニの下敷きに2本あります。)
そのあと、目的の温泉!!美人の湯~♪
美人になれーーーーー!!!(切実)

時間が少ない割にはたくさん楽しむことが出来ました!
他にも行きたかったのですが時間切れ!!次に残しておきます♪

城崎温泉では、他にもたくさんの温泉があります。もちろんグルメも!!
あ!日本酒も美味しいですよ!!
是非!行かれる時には、急がずあわてずにのんびり心と体を癒しては、いかがでしょうか?


2015年1月26日月曜日

古い話

こんにちは。

ちょっとネタ切れを起こしている為、何かないかなーとiPhoneの中の写真を探して思いつきました。

古い話を1つ、

これ、記念のはがきでしょうか。

小泉製麻女子寄宿所

上屋

洗濯塔

と書いてありますね。

麻紡績時代の女性工場員が多かった時の建物の写真でしょうか。
字が右→左に書いてあるのが時代を感じますね。



こちらは、

作法室

講堂

と書いていますね。

活け花などクラブ活動的な事を当時はしていたのかなと考えてみました。

事務所移転の時に出て来たのかな、誰か持っていたのかな。

もし、小泉製麻OBの方がこのブログを見ておられるならば、懐かしい風景となるでしょうか。

懐かしんでいただけるかと思い、私が宿泊出張の時に聞いた話も1つ、

とある地方に出張した際、晩御飯を探してふらついておりますとホルモン焼きの小さな店があり、フラっと入ってみました。

すると、そこには1人のおばあさん。
店主のおばあさんと1対1で鉄板に向かい合う私、
ホルモン焼きを作りながら、おばあさんが私に問います。

『あんたどこから来たの?』

他に客も居らず、もちろん私に話かけております。

『仕事で兵庫県からですよ』

そう、『何県出身?』と聞かれて『神戸出身』と答える高ビーな神戸魂は捨て、『兵庫県』と答えておきましたさ。
すると、おばあさん、

『私も16歳の時は神戸に働きに出ていたのよ、知ってる?小泉製麻って会社?』

え、先輩様ですか\(◎o◎)/! 先輩、16歳の時って60年は前ですよね?

偶然も偶然、私が小泉製麻の営業である事と名刺を提示して身元を証しました。

確かに昔の工場員が多かった時代、人数が多かった分だけどこかで会う確率は高いですが、出張先でホルモン焼きを食べに来て会うとは思っておりませんでした。そこでおばあさんの16歳の時の恋ばなを聞いたりと談笑しましたが会社の話の中で、

みんな色目使って、男性社員に重い物を持たせようとしてた

って言ってましたよ。

ちょっと先輩、鼻の下、伸びてませんでした?


新婚:門前がおおくりしました。

2015年1月21日水曜日

いぶすき菜の花マラソン

 
 
 
こんにちは!
まだまだ寒い日が続きますね。

3連休中の1月11日に鹿児島県指宿市で開催された「いぶすき菜の花マラソン」に参加してきました。
指宿と言えば、砂蒸し温泉が有名ですよね。

「いぶすき菜の花マラソン」は1年で最も早い市民マラソンとして、毎年1月の第2日曜日に開催されています。
開聞岳や池田湖、菜の花の大自然や起伏に富んだコース、さらには鹿児島県の特産品を中心としたエイドステーション(給食、休憩所)と地元の方の熱い応援等、全国でも人気が高い大会の一つで、北は北海道から南は沖縄、さらには海外からと約2万人のランナーが参加しました。



まだ夜明け前ですが、続々とランナーが入場してきました。


指宿にはヤシの木がたくさん生えているんです!まるでハワイにいるかのようですね。       


 
 
 
 
名前の通り、コース沿いの至る所、菜の花が満開です。まだまだ寒いですが、春が来たかのようです。
  

後方の山は開聞岳です。日本百名山にも指定されており、立派な円錐状の形から、地元では「薩摩富士」と呼ばれています。
 


晴天の中、約2万人のランナーが一斉にスタートしました。


いよいよスタート!行ってきます!

市街地から上り下りが続く農道を抜けると、九州最大の湖池田湖が見えてきました!。池田湖には巨大未確認生物が棲んでいると噂されており、ネス湖のネッシーにちなんで「イッシー」と呼ばれているそうです。
 
 
開聞岳、池田湖、菜の花の3大コラボ!
 
 マラソンと言えば、エイドが欠かせませんよね。一部ですが鹿児島ならではのエイドを紹介します。
 
まずは、お茶。鹿児島県は静岡県に次ぐお茶の産地ですが、知覧茶が有名ですね。
冷えた体に最高です。
 
地元特産品頴娃(えい)茶
あったまりますね


茶ぶしは指宿の郷土料理で、鰹節、味噌、ネギ、しょうがをお湯で溶いた簡単な料理ですが、二日酔いや、疲労回復に効果があるそうです。

「おじゃったもんせ」は鹿児島弁で「いらっしゃいませ」の意味だそうです。





枕崎名物カツオの刺身です!
エイドで刺身を食べれるなんて、贅沢ですね!

 
カツオの腹皮を焼いているところです。香ばしい香りがしてきます。
芋焼酎が飲みたくなりますね。

 

 な、な、なんと・・・、足湯があります!さすが鹿児島ですね。
ここでしばしの休憩(笑)

 30km過ぎ、錦江湾が見えてきました!海を眺めながら走るのは気持ちがいいですが、ここからしばらく上りが続きます。足が痛くなってきました!
 
  
あまりの過酷さにランナーの足も止まっています。

35km過ぎ、まだ頂上は見えてきません・・・(泣)

 上り坂を過ぎると温泉街に入ってきました。写真の建物は砂蒸し風呂で有名な温泉施設「砂楽」です。
 

ゴールまであと少し!
 最後は歩きながらのゴール・・・。時間はかかってしまいましたが、食べたり、飲んだり、足湯に浸かったりと、地元の方のおもてなしが詰まった大会でした。また来年も参加したいですね!
 
 
  大会を支えてくださったボランティアの皆様、応援してくださった地元住民の皆様、この場をお借りしてお礼申し上げます。
 
 本当にありがとうございました! 
 

2015年1月16日金曜日

シェイクアウト訓練

こんにちは。
総務・人材開発室の藪木です。

明日17日は阪神淡路大震災から20年です。
20年という歳月は短いようで長く、今では神戸市民の約4割の方が神戸市で震災を経験していないという事実。
震災の記憶の風化、防災意識の低下が危惧されています。


そこで昨日(15日)に神戸市全域で地震発生時の安全行動を確認し、防災意識の向上を図るため、約35万人の市民がシェイクアウト訓練に参加しました。
もちろんわが社でも訓練に参加しました。


シェイクアウトとは、「地震を吹き飛ばせ」といった意味の造語だそうです。
2008年にアメリカで地震防災訓練として始まりました。自宅や勤務先などそれぞれがいる場所で訓練することで、災害時に備えるものです。
日本でも東京や北海道などで実施されたそうです。



当社も20年前の震災で建物が崩壊し、大打撃をうけました。
当時の写真が地震の大きさを物語っています。


小泉製麻(神戸本社)の建物
商業施設にしていた敷地内の建物


近隣の道路



阪神淡路大震災では、倒壊した家屋の下敷きや、その後に起こった火災などで6千名以上の方がお亡くなりになり、また多くの方が大変な被害に見舞われました。
戦後初めての大都市直下型地震であり、生活再建にあたって、大変なご苦労をされた方も多いと思います。
今、こうした様々な記憶や教訓を風化させることなく、今後に伝えていくことが大きな課題となっています。
こうした訓練によってひとりひとりが防災意識を高め、いつ何が起こるかわからない災害への備えをしておく必要があると痛感しました。

明日17日は犠牲になられた方のご冥福を心の中で祈りながら、家族と防災について話あってみたいと思います。


2015年1月8日木曜日

あけましておめでとうございます

2015年がはじまりました。
本年も、どうぞよろしくお願い申し上げます。


さて、お正月といえばしめ飾り↑↑ですが、
毎年、我が家のしめ飾りはてづくりです。
 
 
最初はただのワラでした。
 
 枯れた外側の部分を1本1本取り除いていきます。
少しすっきりしてきれいになったの、わかりますか?
 
このあと、一つに束ねたものを、3つ編みのようで
実はちょっと違う編み方でネジっていくのですが↓↓
 
これがけっこう力がいります^^;
 
ですので、ねじる前に、湿らせて木づちでゴンゴン叩いて柔らかくしています。
 
お、ちょっとしめ縄っぽくなってきました。
 
垂れと穂先を通して…
これはもう、しめ縄ですよね!
 
これにダイダイやウラジロを付ければ、しめ飾りの完成です(最初の写真へ戻る)。
 
 
しめ飾りは結界のような役目を果たし、自分の家を清めて
新年の神様を迎えるために飾るんだそうです。
 
そのご利益のほどは、いかほどかわかりませんが、
自分の手でしめ飾りをつくることは、ただ風習をなぞらえるだけでなく、
新しい年を新たな気持ちで迎えるための心の準備としての
意味合いが大きいのでは?と思います。
 
みなさんにとっても、この一年が新たな気持ちで過ごすよい年となることを願っております。
 
BIBはまもとでした。