2012年10月29日月曜日

緊急時に大活躍です!

みなさんこんにちは。
すっかり寒くなりましたがいかがお過ごしでしょうか?

今回はBIB事業部の主力商品「バロンボックス」について紹介したいと思います。
通称「バッグ・イン・ボックス」(BIB)と呼びますが、ポリエチレン袋を内装、段ボールケースを外装とする、業務用の複合型液体容器です。

醤油・酢・果汁などの食品分野からアルコール製剤・シャンプー・液体肥料などの工業分野まで幅広く使用されています。





容量は20,18,10、5Lの4タイプ、成型タイプの「クリーン・クリーンα」、ガゼットフィルムタイプの
「スクエアα」と種類も豊富に取り揃えております。


クリーン、クリーンα





スクエアα



 業務用として利用されている「バロンボックス」ですが、最近では災害時の飲料水や生活用水の備蓄用給水袋として注目されています。

背景として、東日本大震災以降、防災への意識が高まっていることが挙げられます。
実際に自治体や水道局からの問い合わせも増えてきております。

バロンボックスの特徴としては、未使用時は省スペースで保管でき、場所をとらないこと、使用後は折りたたんで廃棄できることなどから、ゴミの減容化に貢献します。

こんなにコンパクトに!


お問い合わせはこちらまで。

本社BIB事業部 078-841-9342
東京支店 03-3567-9211
福岡営業所 092-474-8300

よろしくお願いします。

寒くなってきましたので、みなさま体調にはお気をつけて!

2012年10月23日火曜日

やる気に満ち溢れてます!

こんにちは☆
今年の4月に入社しました、増田です。 
このブログを書くのは3回目です。ひさびさの登場です!


入社して半年が経ちますが、、この間初めての経験をしてきました!

それはー!

「施設園芸新技術セミナー・機器資材展 in 愛知」 と言う展示会に参加してきました。

なんだそれって思われた方々、すみません。
でも、、、、

多くの生産者の方とお話しをしたり、他社メーカーさんの方とお話しをしたり、自分にとっては貴重な経験が出来たので、また普段の仕事とは違った一大イベントでした!


そのときの写真です♪♪
防草シートやハウス内内張りカーテン、以前ブログでも紹介させてもらったチリカ・ワーカーなどを展示しました。
多くの方々がブースを訪問してくださり、色々な話しが聞けて勉強になることが多かったです。


小泉製麻の出展ブースです!
小泉製麻の出展ブースです!①

小泉製麻出展ブースです!②

これらの商品の詳しい紹介など、小泉製麻株式会社のHPも是非見てみて下さい。


あともうひとつ。
他社さんの新入社員の方を見て、刺激を受けました!
以上、今やる気に満ち溢れている増田でした!

それでは、今日も一日がんばります!!


2012年10月22日月曜日

こんなこともしていました

こんにちは、総務・人材開発室の広瀬です。

ちょっと秋らしい気候になってきましたが、週末、神戸は日中ものすごく暑かったです。

何度かご紹介していますが、小泉製麻の本社は神戸の灘区にある商業施設「サザンモール六甲B612」内にあります。
ショッピングモールの中にあるので、最初はいまいち入り口がわからない・・・。

さて、本社に来られたことのある方ならご存知かと思うのですが、2Fには長いウッドデッキがあります。花鉢がたくさんあり、なかなか気持ちいいと思います。

「サザンモール六甲B612」というのはグループ会社の商業施設。
週末にときどきイベントなんかをしています。

先週末20、21日のイベントを少しご紹介。

ちなみにイベントのタイトルは、ぜんぶダンボールの「オータムフェア」!!!
とにかくぜんぶダンボールでした。

これもぜーーんぶダンボール!ハロウィンの月、ということで

まだ準備中ですが、ダンボールのマンモス(通称:ダンモス)とキリン。
ダンボールってすごい!!

大迷路です。子どもたち大興奮でした

お面づくりワークショップ。斬新なデザインです。

私です。
これでデッキを歩いたりしましたが、ちょっと怪しかったと思います。

と、こんな感じで商業施設らしくイベントなどを定期的に行っています。
お近くの方はぜひ一度遊びにきてください。

実はあまり知られていないのですが、サザンモール六甲B612にはFacebookページもあります。
知られていなくてちょっと切ない・・・ので宣伝しておきます。

小泉製麻の事業からは想像もつかない??
こんなこともしていました。

それでは、朝晩冷えてきましたのでみなさま体調管理に気をつけてくださいね。

総務・人材開発室 広瀬

2012年10月17日水曜日

これがジュート畑です!

はじめまして。
生産調達部の岡本です。

暑さも徐々に去りゆき、秋の気配が深まってきましたね。
現在、生産調達部の調達担当のお二人は、暑~いバングラデシュに出張中です。
良質な製品を作るため、大切な糸ができる現地へ出向き、しっかりと生産の工程と品質を
チェックするんです。 


バングラデシュのジュート畑です。

今日は、どんな風にジュートができるのかを、かなり簡単に、
ほんのちょっとだけご案内しますね。(写真も、ごく一部しか
ありませんが・・・。)



ジュートは、熱帯、亜熱帯の高温多湿の気候で、水があるところでないと育ちません。

ジュートのアップ

太陽のエネルギーをたっぷり吸収して、100日前後で収穫されます。


刈り取った生茎を、1~2週間くらい水に漬けて発酵させ、
手で一本ずつ皮をはがしていきます。(たいへ~ん!!)
その皮をはがした後の、筋の部分を乾かすと、
ジュートを刈取ります

私たちがよく見るクリーム色と言うか・・・茶色と言か、、、
形容しがたい色の麻の原形?ができあがります。



緑の植物がこんな風に・・・。


サンリン玉糸











もっと詳しいことは、また現地に行った詳しい人に、
聞いてみましょうね!

 
今日はこれで、おしまい。

ジュート製品を見たら、ちょっとこんな製造工程を思い出してみると面白いかもしれません。

生産調達部・岡本

2012年10月11日木曜日

フレコンって知ってますか?

はじめまして。
クロスコンテナ事業部橋本です。

 さて、私の所属するクロスコンテナ事業部
ベテラン営業マン3名と新人1人(私です)から成る少数精鋭部隊です(`・д・´)

この4人で日本全国を駆けずり回っています。
みんないい歳なのでこれはなかなかハードです。
部長は最近腰が痛いと言っています。。。
私もすぐお腹が減るようになりました。ご飯を食べていざ出陣です!


そんな感じで一生懸命私たちが販売している商品は
「フレキシブルコンテナ」 です。


こんなのです↓↓↓

















ちょっとわかりにくいですが、めっちゃくちゃでかいです。1tくらい入ります。
たまに私の身長より大きいものにも遭遇します。


 一般的にはフレコンと呼ばれる事が多いです。
フレコンには何種類かありますが、小泉製麻では
クロス(布)コンテナ事業部の名の通り、布を縫製したタイプの
フレキシブルコンテナを製造・販売しています。

フレキシブルコンテナは粉粒体を大量輸送するのに便利な袋状の包装資材で、
布製で柔らかく丈夫で、バッグの様に持ち手が付いているので運びやすい。
使わない時は畳めるので収容スペースも少なくてすみます。
また、注入口・排出口が付いているので、中身の出し入れが楽ちんです。


 その便利さゆえ、幅広い業界で様々な内容物に使用されています。

身近なところでは、お米小麦粉など食品の輸送に使われていたり、
薬品肥料など、私たちの生活に欠かせないものにも使われています。

 主に工場や倉庫の中で使用される事が多いので、あまり目にする機会は少ないですが
たまにトラックがフレコンバッグを載せて走っているのを見かけます。
私たちの生活を見えないところで支えている、縁の下の力持ちな彼(彼女?)を
どうぞお見知りおきください(´・∀・`)ノ

2012年10月9日火曜日

仕事とプライベート

こんにちは、総務・人材開発室の広瀬です。

もう10月ですね…ちょっと涼しくなってきました☆


3連休でしたが、みなさまいかがでしたか?


私は学生時代の友人らと長野県白馬にハイキングに行ってきました。
山ガールと言うにはまだまだ未熟すぎますが、自然を満喫して癒されてきました(*^^*) 紅葉がいい感じでした。



仕事を始めて約2年半、まだ新米の私なりに大事にしているのは、プライベートの充実! 休日は家でゆっくりする日もありますが、できるだけ思いっきり遊ぶようにしています!
その分、仕事にも精が出るというものです(^-^)/

10/1に内定式に行くと思われるスーツ姿の学生たちを見て、学生時代がなんとなく終わりに近づいたような気になったのを思い出します。
(ちなみに小泉製麻は10月に内定式はありません)

ときどき就職活動中の学生に「入社までに準備することや勉強することはありますか?」と聞かれましたが、今なら「思いっきり遊んで、今しか出会えない人、できないことをやっておくこと!」と答えます。

もちろん車の免許やエクセル・ワードのスキルはあるに越したことないですよ(^_^;)

社会人になってから、メリハリと切り替えが大切だと思うようになりました。
限られた時間の中で、いかに効率よく仕事をして、プライベートも楽しむか。(実際なかなか効率よくできていませんが・・・)

就職活動中の学生さんや、内定者の方が読まれていたらご参考まで。

スポーツの秋、食欲の秋、芸術の秋・・・涼しくなって気持ちよくなってきたので、今の季節を楽しんでくださいね。


総務・人材開発室 広瀬

2012年10月2日火曜日

これなーんだ?

こんにちは、生産調達部の呉です。

さて、いきなりですがコレ↓↓なんでしょう?





























爪切りに似ていますが、これはプロジェクタイル(グリッパー)といって、機織りのシャトルの役割をするものです。

分かりますでしょうか?

生産調達部ならではのちょっとした裏側をご紹介します。


プロジェクタイル式織機では、このプロジェクタイルが緯糸を掴んで経糸の間を飛び、布を織っていきます。

織機内に20本くらい入っており、1秒間に3本位左から右へ飛んでいきます。
もちろん目で追えない速さです…

小泉製麻のグループ会社である小泉FCプロダクツでは、この織機を使って防草シート・ルンルンシート等を織っています。

ちなみに「ルンルンシート」はコレ↓



ルンルンシートを手に取られた時、プロジェクタイルが左から右へもの凄い速さで飛んでいるのを思い浮かべながら見てみると、意外と面白いかもしれませんよ。


以上、生産調達部トレーニー呉でした。