2011年3月29日火曜日

クロマルハナバチ知識編

東北地方太平洋沖地震により被災された皆様に謹んでお見舞い申し上げます。
被害状況を報道で見るたび、心が痛みます。
被災地が一日も早く 復興し、皆様の生活に平穏が訪れる事を心よりお祈り申し上げます。

今後もみなさまのプラスになるようなためになる情報、楽しい情報など、発信していきたいと思いますので、ブログも再開です。

今回は小泉製麻の人気者「クロロン」に関する知識をご紹介です。

以前もブログで何度か紹介した国産授粉用クロマルハナバチ「クロロン」ですが、 今回はハチの豆知識を少し・・・。

みなさんはミツバチクロマルハナバチの違いをご存知でしょうか?

私は入社するまで
「ハチといえばミツバチ」と思っていたのですが、どうやらそうでもないようなのです!



小泉製麻ではクロマルハナバチセイヨウオオマルハナバチミツバチの3種類のハチを扱っていますが、それぞれ特徴があり、使用作物が異なる部分があります。

ミツバチもマルハナバチも同じミツバチ科という科なのですが、マルハナバチはその先でマルハナバチ属という分類になります。

↑クロマルハナバチの巣

クロロンはミツバチ科マルハナバチ属のクロマルハナバチで、日本在来のハチなのです。

クロマルハナバチはミツバチに比べると体が大きく、ミツバチのようにミツを溜めません。
(※なので、ハチミツとりたい方はミツバチで)


じゃあクロロンはなんのためにお花に行くのか?? それは花粉が幼虫のエサとなるので、花粉をとりにいっているのです☆

その結果、授粉して実がなるというしくみ♪ まだまだ書きたいことはたくさんありますが、今日はこのへんで・・・

ちなみに私事ですが、施設園芸事業部・広瀬 は社長室・広瀬になりました。 引き続きブログは書いていきますのでよろしくお願いします!

社長室・広瀬

2011年3月14日月曜日

コンバッグの巻

今回の商品紹介はコンバッグ、コンバッグⅡをご紹介します。

こちらは穀物用の収穫資材で、2種類あります。

コンバッグはベージュのポリプロピレンタイプ
コンバッグⅡはメッシュタイプで通気性に優れているので、穀物を入れるのに適しています。
 メッシュタイプなので収穫直後のもみの熱も放出しやすく、蒸れを防止できます。

ともにワンウェイでの使用に限り、賠償責任保険の対象となります



コンバッグ?ハンドバッグ?サンドバッグ?

「なによそれ」と思ったあなた


バーーーン!!こちらです↓↓



















真正面に商品名が入っていてわかりやすいですね~
左側がポリプロピレンタイプのコンバッグ、
そして右側がメッシュタイプで通気性の良いコンバッグⅡです。


「なんや、ただの袋か」

そう思いました?

いいえ、当社のコンバッグはただものではないんです。

驚くべきポイントは2つ!!

①こちら組み立ての必要はなく、ワンタッチでひらきます!
 そのスピードはたったの5秒★業界1番の速さなんです!!!

 コンバッグに似たものはありますが、普通は穴にポールを通して組み立ててなければならず、
 そうこうしていると10分ほどかかってしまいます。
 コンバッグならそんなわずらわしい手間一切無用です!
 

②安いです。
 他社のものと比較して頂けると一目瞭然です!

安くて簡単に開く、こんなにコストパフォーマンスがよくていいの?

いいんです。 だからあなたにも使って欲しい。。

詳しい製品の説明はこちらへ↓↓
http://www.koizumiseima.co.jp/product/container/conbag.html

どしどしお問い合わせ下さい。
当社のコンバッグ委員長が親切・丁寧にご対応させて頂きます!

2011年3月10日木曜日

クロロン使っていただいてます!@イチゴ園・ニコニコファームさま

こんにちは、施設園芸事業部のひろせです。


春になったとはいえまだまだ寒いですね。


さて、先日、 「クロロン」を使用して頂いている三重県の観光農園さんに行ってきました!


三重県いなべ市にある「イチゴ園・ニコニコファーム」さんです!
ハウスの中に入ると甘~いいい香り♪

←生産者の新山さま☆


足元に見えるのが「クロロン」の巣箱です。



アリが上がってこないためにも、台の上に乗せて使用します。


ハウスの中は とっても快適で、「クロロン」も元気に活動していました♪

残念ながら私のカメラの腕では、訪花している「クロロン」を写真におさめることはできなかったのですが・・・(^_^;)


「ニコニコファーム」さんでは、10時~17時まで予約制でイチゴ狩りが楽しめます。



有機肥料や天敵、紫外線照射による病気防止など、安心安全をキーワードに栽培されています。



直売もされているので、おいしい「紅ほっぺ」「章姫」が購入できますよ☆



また、夜のイチゴ狩りといって1日1組限定で19時~21時貸切でイチゴ狩りができるというものも!!!



仕事帰りデートにぴったりですよね♪



う~ん、プライベートでも是非いってみたい!!!


イチゴ園・ニコニコファーム様ホームページ→ http://nogyou.jp/




皆さんも是非いってみてくださいね。いまなら「クロロン」が元気に活動している姿も見れるかも!


とってもステキなイチゴ園さんなので、私もこっそり休日にお邪魔してしまおうかな。。





そして美味しくてキレイなイチゴ作りには欠かせない授粉用のハチ



イチゴやトマトはもちろん、その他の作物でも、おとなしくて働き者の「クロロン」を 是非1度使ってみてください♪




施設園芸事業部・広瀬

2011年3月1日火曜日

チリカブリダニ@赤ずきんちゃんのおもしろ農園

こんにちは!今日も私、平田がチリカブリダニ使用現場をレポートします(^U^)/

今回やってきたのは、静岡県掛川市の観光農園、『赤ずきんちゃんのおもしろ農園』です
楽しそうな名前の通り、この農園では「楽しい農園、楽しい仕事、楽しい社員」の理念に基づき、
イチゴ狩りのみならず、メロンスイカブルーベリー等の収穫体験や販売をされています。


いつもチリカブリダニを使って頂いている、
おもしろ農園の赤堀さん。
いちごハウスのほとんどに
チリカブリダニを導入して頂いています。

葉の裏を観察してみると、
チリカブリダニは元気にハダニを
捕食していました!!
                       

長年、イチゴ栽培に携わっておられる
赤堀さんに
化学農薬のみでのイチゴ栽培と比べての
チリカブリダニ導入後のメリット伺ってみると、



以上の事を挙げてくださいました。


これからハダニが非常に発生しやすい暖かい季節がやってきます。
チリカブリダニ、使ってみようかな?』
お考え中の方は、是非、お問合せ下さい。



弊社の元気なチリカブリダニ『チリカ・ワーカー』達にお手伝いさせて下さい!!







←←←赤ずきんちゃんのおもしろ農園へのリンクです。 チリカブリダニを使用する事で、化学農薬の量を減らしたイチゴを栽培しておられます。
静岡県下、最大級の大きさのイチゴ農園でイチゴ狩りを楽しんでみては?



①大幅な省力化になる
②化学農薬の使用量を減らせる
③薬害が出ない
④天候に関係なく使用できる
⑤上手く使う事で、コストダウンになる

ルンルンシートご紹介♪

こんにちは、施設園芸事業部のひろせです。


花粉が飛ぶ季節になってまいりました・・・春は好きですが、鼻がむずがゆくて複雑なところです。。


さて、今回は施設園芸事業部の歴史ある商品! 「ルンルンシート」をご紹介します!


販売を始めて20年弱になる、この部署ではもっとも古い商品です。



私が入社する前に「ルンルンシート」という名前を聞いたときは、なんだかとっても可愛い名前だなぁ、と思っていましたが、可愛いだけではないスゴイヤツなんです☆

←この下に敷いてある黒いシートです。
(ちなみにこれはゴールドクレストを栽培しているところ)



「ルンルンシート」というのは、防草シートというジャンルの商品です。


防草シートといっても織物からフェルトの厚手のものまで、さまざまなタイプのものがありますが、この「ルンルンシート」織物タイプのものです。


この防草シートは主に、ハウスの中で使用したり、露地で使用したり、雑草が生えないようにするためのもの。


①除草する手間を省くのにうってつけ!

②織物になっているので水はけも良い!

③しかも足もとを清潔に保てるので作業する人にとっても優しい!

④織っている目が細かいので、防草効果抜群!


↓イチゴの高設栽培のハウスや、鉢物関係など、色々なところで使っていただいています。


色はシルバーブラックがあります。


ハウスの中で使われる場合、ハウス内が明るくなるという理由でシルバーが人気です☆


緑色のライン15cm間隔で入っているのが小泉製麻の目印です!



規格は50cm~4mまでの幅を100mのロールで販売していますが、ご希望のサイズに加工も可能です。


ハウスもキレイでルンルン♪

除草の手間が省けてルンルン♪



「ルンルンシート」は作業される方にとっても優しい嬉しいシートです。



施設園芸事業部の商品はクロロン愛菜など、覚えやすい名前の商品が多いかと思います。



ここまで読んで下さった方はもう「ルンルンシート」という名前もばっちり覚えられたのではないでしょうか??


これからも使われる方がルンルンできるような商品を販売していきたいと思います。
ルンルンシートをはじめ、小泉製麻の商品たちをよろしくお願いします!



施設園芸事業部・広瀬