2011年2月18日金曜日

塩ビ管保管用カバー

前々回のブログにて予告されてしまったので、ご紹介したいと思います。

さて、タイトルを見ただけでピンときたあなた、すごいです★
もしくは知ってて当たり前のものなのでしょうか。。。

何のことだかわからなかった私は、営業担当者に聞きこみ調査をしました!
ちゃんと広報の仕事もしてるんですよ(^^)


そもそも塩ビ管ってなによ?という所からお話しますと、









正式名称は塩化ビニル管といいます。

塩化ビニル樹脂と呼ばれる腐食に強い樹脂成分を主原料にし、さらに良質な安定剤、顔料を加え適当に加熱した押出成形機により製造される配管材料です。

建築資材で、塩化ビニル樹脂を主原料としており、
下水道管・電線管・土木用などで幅広く使われています。
田んぼでつちの水を通す管として使われていたりします。

なるほど、塩ビ管というものはもともと劣化しにくく様々な用途に使われている管なんですね。



さて、ここからは弊社商品「塩ビ管保管用カバー」のお話です。














Q.「塩ビ管保管用カバー」って何?
A.屋外で塩ビ管を保管するために使うカバーです。(うん、そのままやね)

Q.あれ、塩ビ管って劣化しにくいんじゃないの?
A.先ほど塩ビ管は劣化しにくいと言ったばかりなんですが、
 実は熱と日光には弱いんです!!まるで20代OL女子のようですね。
 ですから、もし屋外の直射日光がガンガン当たるような場所に保管していたら。。。ギャー!!

Q.そのカバーってほんとにすごいのー?
A.すごいんです!
 酸化チタンを含んだ新開発の表面のパールホワイト色が
 抜群の遮熱・遮光性能を発揮します!
 酸化チタンとは、化粧品にも使用されていて美白効果があるんですよ☆

Q.素材は何でできているの?
A.ポリエチレンクロスヘラミネート加工が施され、UV対策もばっちり!
 赤外線も紫外線も反射するので、長期間の展張が可能です。

Q.でもかさばるんじゃ。。
A.軽量でコンパクトに折りたためるので、現場での取り扱いも簡単なんです。

Q.サイズは色々あるんですか?
A.保管するものの大きさに合わせたオーダーメイドです。
 ですから塩ビ管だけでなく、屋外でプラスチック製品を保管する場合も、
 保管物のサイズや形状に合わせて作れます。


なんだかものすごく頼もしいカバーですね。

そして塩ビ管とは見えないところで暮らしを支えてくれている、
まさに縁の下の力持ちなんですね!!勉強になりました。

次回の商品紹介(勉強)ブログもお楽しみに!

2011年2月9日水曜日

労福協ボウリング大会

こんにちは!情報システム室の橘です。
去る1月22日、企業対抗の労福協ボウリング大会がありました。
僕も行きました。狙いはもちろん優勝!
・・・などではなく、個人ブービー賞狙いで・・・






取れました!ブービー賞!




ちなみに今回小泉製麻から参加したメンバーはこんな方々





まさか本当にブービー賞取れるとは思いませんでした。


今回大会を行った神戸六甲ボウルでは「年賀はがきキャンペーン」開催中です。
平成23年度の年賀はがきの下1桁①番、②ゲーム以上で1ゲーム無料です。
このキャンペーン、今月28日(月)までなのでお早めに!

なお、その他のキャンペーンについては六甲ボウルHPを参照ください。
http://www.rokkobowl.co.jp/

2011年2月1日火曜日

業務表彰


年に2回小泉製麻では、新しいことにチャレンジした社員や、何か功績のあった社員が表彰をうけます。今回は産業資材事業部員と120周年プロジェクトのメンバーが受賞しました。
表彰式のあとは、いつも役員の方と懇親の食事会。表彰式の後ということでテナントさんの百菜さんが特別メニューを考えてくださいました。

巻きずし、穴子の押しずし、小鉢2つ、シーザーサラダ、ネギ鍋、



そしていちごのデザート。お昼からこんなにお腹いっぱいでいいの???となりながら役員さんと楽しい?


食事の時間を過ごしました。




さて、業務表彰をうけた産業資材部員の開発商品ですが、屋外の保管用カバーを新素材で提案。




屋外のプラスティック製品などを保管する時に使うものだそうです。遮熱もすごく、光も通さないから保管しているものも劣化しにくいそうです。




ほとんどが保管するものに合わせた大きさに加工しているそうです。部員1人1人のアイデアで小泉製麻独自の製品ができあがっていくのだなと・・・




保管カバーについてはまた追って紹介していきます。

チリカブリダニ『チリカ・ワーカー』@観光農園

こんにちは、事業開発部の平田です!!

今日は
チリカブリダニ『チリカ・ワーカー』

放飼状況をレポートします(・U・)/



今回は・・・・・・・・・




!!!ど~~~ん!!!

西日本 最 大 級 の観光農園、


針テラスベリーファームさんで使用して頂きました。





この農園の岡田様にも放飼を

ご協力頂きました。



ハウス内は非常に暖かく、

チリカブリダニにとって非常に過ごしやすい

環境でした。

チリカブリダニ『チリカ・ワーカー』の活躍に

期待です!!















ちなみに・・・

チリカブリダニは、
★化学農薬量の削減★
★人や環境に無害

という点から、観光農園での使用も非常にお勧めです。














これからハダニの発生が盛んになる季節です。

チリカブリダニ『チリカ・ワーカー』の導入で、

生産者の方々の労力削減をお手伝い出来るよう、邁進してまいります(^U^)ゞ!!

                                                 /ひらた